ホーム » 未分類 » 通信速度は、回線の帯域である太さと通信設備に大きく影響される

通信速度は、回線の帯域である太さと通信設備に大きく影響される

格安のSIMを売っている多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、カタログスペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

とはいえ、速度を実際に計ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

たとえば、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

さまざまなMVNOもdocomoの回線を使用しているにも関わらず、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

その理由として通信速度は、回線の帯域である太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「データ回線帯域の太さ」と「設備の品質」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

格安SIM初心者の方や、これだけで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、こうした大手通信会社が手がけるサービスを選択するのもありかもしれません。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、アクセスが増えたとしても、ネットワークの速度低下は発生せず、設備投資がしっかりしていれば、通信データを安定して供給できるので、利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、料金だけでなくサービス品質も考慮して会社を選ぶ必要があることが分かります。

SIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、Softbank MobileではUSIMカードという名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホなどに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近注目されるようになっています。

格安SIMを使うことができた場合、通信費の削減が出来ます。

大手キャリアだと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者だと月額1000円以下ということも。

一回は、検討してみても悪くないのではないでしょうか。

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

月額1000円前後の格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはなんと使うことが出来ないのです。

そのような方は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、または、下駄を使うことになります。

スマホや外でも接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

docomo、KDDI、Softbankなどの会社が売っている端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMのサービスを利用することができます。

参考にしたサイト⇒おすすめの格安SIMで通話しませんか?


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です